フロリダ ウォルト・デイズニー・ワールド・リゾートテーマパーク予約の必須攻略法

ミッキーネット ロゴ

既にご存じの方も多いとは思いますが、アメリカ国内のディズニー全てのテーマパークでは事前のパーク予約が必須となりました。以前はパークの入場制限が掛からない限り、有効なチケットを持っていればどのテーマパークにも入園する事が出来ましたが、今後は事前のプランニングが必要になります。

フロリダ ウォルト・デイズニー・ワールド・リゾートでは、以前もファストパス・プラスと言う仕組みで人気アトラクションやショーの予約を事前に行う必要がありました。それにより必然的にその日に訪れるテーマパークが決まっていた訳ですが、今の事前パーク予約はこれまでになかった制限があり、初めての方は戸惑ってしまうかもしれません。それでは、ここでテーマパーク予約で気を付けなくてはならない事を一つずつ見ていきましょう。

パークチケットを購入する前に希望するパークの空き状況を確認

アメリカの学校が休みになる時期やホリデーシーズンではフロリダ ウォルト・デイズニー・ワールド・リゾートの混雑する日が多くなることが考えられます。通常、3月、6月、7月、8月、11月の末、12月の末~1月の3日までがそれらに当てはまる時期です。もし、皆様がこの時期でのご旅行をお考えである場合には以下のリンクからそれぞれの行先でのテーマパークの空き状況をご確認して頂くことをお勧めします。

出来るだけ早くパークチケットを購入する

これはパークチケットの購入に限った事では無いのですが、ご旅行の日程を出来るだけ早く決定する事により、多くの場合料金的なメリットや自由度の高い日程を組む事が出来る様になります。それぞれのパークの混雑度が高くなればなるほどホテルやリゾートも埋まってきている可能性が高くなります。パークチケットを早く購入する事により、それぞれのテーマパークの予約も早く出来、ご自身のプランに沿って行動する事が出来ます。

但し、パークチケットの購入は基本返金不可です。あまり先の予約はお勤めの会社や社会の状況が不安定で、ご旅行の時期が確定できない場合はキャンセルが不可能なパークチケットの購入は難しいかもしれません。それでもフロリダ ウォルト・デイズニー・ワールド・リゾートのパークチケットであればディズニー直営リゾート(ホテル)とのパッケージを購入する事で、キャンセル料を回避する事が出来ます。

パークホッパーで柔軟度を上げる

フロリダ ウォルト・デイズニー・ワールド・リゾートで1日に1パークしか行けない「ベースチケット」にするか1日に複数のパークに出入りする事が出来る「パークホッパー・チケット」にするか悩んでいらっしゃる方は迷わず「パークホッパー・チケット」を選びましょう。

普通に考えると1日に1パークで十分ではないかと思われる方も多いかと思います。しかし、一度訪れると分かると思いますが、それぞれのパークを限られた日数で効率良く楽しむには「パークホッパー・チケット」が欠かせません。しかもフロリダ ウォルト・デイズニー・ワールド・リゾートでは、ご希望のパークが空いて無い場合でも、午後2時以降であれば「パークホッパー・チケット」を利用してパークの移動が可能になります。(入場制限等で入園できない場合もあります)

傾向と対策

リアルタイムのパークの空き状況を見ると傾向としてフロリダ ウォルト・デイズニー・ワールド・リゾートではマジックキングダムディズニー・ハリウッド・スタジオから混み始めています。パークチケットをご予約orご購入後にまだご予定がはっきりしない場合には、まずこれらのテーマパークを押さえておいて後で他のパークに変更する方法をお勧めします。

また、予約状況は常に変化しますのでご希望のテーマパークが空いていない場合でも時間を空けてリアルタイム状況を確認しながらご希望のテーマパークを予約する事をお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました