2019年にオープンが発表されていた新エリア「スター・ウォーズ:ギャラクシー・エッジ」のオープンのおおよその時期が決定しました。カリフォルニア ディズニーランド・リゾート、フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの両リゾートで建設されており、まずはカリフォルニア ディズニーランド・パークでは2019年夏に、ウォルト・ディズニー・ワールド ディズニー・ハリウッド・スタジオでは2019年秋終わりごろにデビューとなります。具体的なお日にちが発表され次第追ってニュースにてお知らせいたします。

「スター・ウォーズ:ギャラクシー・エッジ」オープン時期

2019年夏 ディズニーランド・パーク
(カリフォルニア ディズニーランド・リゾート)
2019年秋の終わり ディズニー・ハリウッド・スタジオ
(ウォルト・ディズニー・ワールド)

新エリアは惑星「バトゥー」

この「スター・ウォーズ:ギャラクシー・エッジ」は、宇宙の片隅にある「バトゥー」という名の惑星です。バトゥーはかつて貿易路として栄えていましたが、ハイパースペースでの観光地としては避けられている土地でした。現在この地には、密輸業者やごろつきのトレーダー、未知の地を好むような冒険家が集まるようになり、またファーストオーダーの手から逃れたい人々にとっても安全な隠れ場所となっています。

ミレニアム・ファルコンでミッションに挑戦

このエリアに用意されたアトラクションは2つ。1つ目は、映画にも登場するミレニアム・ファルコンに乗ってミッションに挑戦します。コックピットに乗り込んで、ミレニアム・ファルコンを操縦したり、ブラスターを発射したり、ハイパースペースへの突入に備えたり重要な役割を担います。

スター・デストロイヤーに潜入

2つ目のアトラクションは、今までにない規模で建設される予定となっています。ファーストオーダーとレジスタンスのバトル真っただ中にあるスターシップ離着陸のハンガー・ベイにいるような感覚を覚えることになります。

ブルー・ミルクを提供

現在、このエリアで提供されることが唯一発表されているのは「ブルー・ミルク」。これは『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望』でルーク・スカイウォーカーが飲んでいました。

キャラクターとの出会い

このエリアでは、BB-8、チューバッカやファーストオーダーのメンバーを始めとする数多くのキャラクターと会うことができます。また、トラブルメーカーのパイロットとしても知られるレックスがバーでDJを務めます。

エキゾチックなマーケットプレイス

イスタンブールやマラケシュのマーケットを参考にしたショップや屋台の並ぶエリアもオープン。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に登場するトイダリアンが監視するようなお店も!?スター・ウォーズのグッズを多数販売。

模型展示中

現在、エリアの一部の模型がディズニー・ハリウッド・スタジオの「ウォルト・ディズニー・プレゼンツ」で展示されています。