ディズニー・ウィッシュ

ディズニー・クルーズラインの5隻目の船名が『ディズニー・ウィッシュ』と発表されました。これは2019年D23EXPOで8月25日に発表されたもので、この客船のアイコンとなるキャラクターも発表されました。ディズニー・クルーズラインは、これまでも各客船の船尾にキャラクターのオブジェを飾りその船のアイコンとしてきました。今回の『ディズニー・ウィッシュ』は、ラプンツェルが飾られています。この人気のプリンセスはペンキの筆を持ち、自分の髪の毛にぶら下がり、パスカルの助けを借りながら船尾に『ディズニー・ウィッシュ』の文字を描いています。心を動かす多くのストーリーから生まれたこの船名は5隻目のディズニー・クルーズラインとしてぴったりで、吹き抜けのアトリウムは、エレガントできらびやかなフェアリーテールストーリーを思わせる空間です。

そして、バハマ諸島ではキャスタウェイに次いで2か所目となる新しい寄港地が公表されました。『ディズニー・ウィッシュ』は、2021年の暮れに完成予定で、2022年1月に処女航海となります。14万4千トンの『ディズニー・ウィッシュ』は、1,250部屋からなり現在の『ディズニー・ドリーム』や『ディズニー・ファンタジー』より若干大きな豪華客船となります。ディズニー・クルーズラインの新寄港地としてバハマ諸島のエルーセラ島、ライトハウスポイントは、自然の美しさが保たれたトロピカルアイランドで、ディズニー・アニマルキングダム・ロッジやアウラニのデザインとコンセプトを手掛けたジョー・ロード氏が、地元のアーティストや環境保護団体との協力で2022年~2023年の完成に向けて話し合いがすすめられる予定です。

ミッキーネットでは『ディズニー・ウィッシュ』の航路や日程が発表されましたら、ホームページのニュースやLINE,さらにオフィシャルツィッターなどで予約受付の詳細を発表させて頂きます。