エプコットにあるシアター系アトラクション3ヶ所で、それぞれ新しいフィルムが2020年1月17日より公開されます。

オーサム・プラネット

ランド館では、地球の美しさと多様性を表現した10分ほどのフィルム「オーサム・プラネット」を公開。アカデミー賞受賞者でもある作曲家のスティーブン・プライスがオリジナル楽曲を提供しています。

美女と野獣:シング・アロング

フランス館では、「美女と野獣:シング・アロング」がスタート。アニメーション・実写共に『美女と野獣』でプロデューサーを務めたドン・ハーンが、監督・プロデュースする作品で、アニメーションでポット夫人を演じたアンジェラ・ランズベリーがナレーターを担当します。「インプレション・ド・フランス」のシアターで公開となり、4K映像にアップグレードされた既存のフィルムと交互に放映されます。

カナダ・ファー・アンド・ワイド・イン・サークルビジョン360

カナダ館では、「カナダ・ファー・アンド・ワイド・イン・サークルビジョン360」がデビュー。以前の「オー・カナダ!」に新しいシーンや音楽を追加し、キャサリン・オハラとユージン・レヴィのカナダ俳優の2名がナレーターを務めます。