2018年9月、7泊西カリブ海クルーズの寄港地で体験したオプショナルツアーをミッキーネットのユカが現地体験リポートします。

ツアー名:Amazing Secret River and Playa Del Carmen(CZ51)
寄港地:コズメル(メキシコ)
待ち合わせ場所:Dラウンジ
待ち合わせ時間:午前8時
所要時間:8.5時間(出港直前の午後4時半頃に船内まで戻ってきました。)
総合的な感想:自然が生み出した洞窟の神秘的な空間と、メキシコ本島にあるプラヤ・デル・カルメンでのショッピング両方を楽しめる充実したツアーです。洞窟の中では険しい道なりが続くので、それなりに心の準備をしておいた方が良いです。尚、深部まで行くので、暗所恐怖症や閉所恐怖症の方にはお勧めできません。

目的地に着くまで

コズメル寄港日の乗船3日目、Dラウンジにて午前8時に集合するよう記載されたチケットが乗船日に客室へ届きます。Dラウンジに着いたら、デスクにてチケットと写真付き身分証明書を確認されました。米国免許証をお持ちの方はパスポート不要です。そこで参加ツアーにより異なるキャラクターが描かれたシールを受け取ります。このツアーはプンバでした。数分ほど待った後、一斉に下船を開始します。下船後は受け取ったキャラクターシールのサインを持ったスタッフに誘導されて列で待機します。そこで再度、ツアースタッフよりチケットの提示を求められます。半券との引き換えにリストバンドをつけてもらい、全員でフェリーボートまで向かいます。ちなみに待機場所には虫除けのクリームがあるので、事前に塗り忘れた方はこちらにて。約45分間のフェリーボートの中は広々としていて、化粧室があったり、飲食物を販売していたりとやや快適です。船内にあるモニターには、セーフティビデオとメキシコの宣伝動画が流れていました。

プラヤ・デル・カルメンへ到着した後は港にてグループに分けられます。複数名で来たお客様もできる限り同じグループに配置されるよう、それなりに配慮してもらえます。10分ほど港町の中を歩き進み、バンが待機している駐車場まで向かいます。グループ毎に乗車するバンが異なりますので、その場にいるスタッフへお確かめください。バンの乗車時間は約30分間。施設の敷地内に入った後もしばらくジャングル(自然の中)を走ります。尚、パークの道路は舗装されておらず、凸凹とした道が続きます。車酔いする方は要注意。

シークレットリバーにて

下車した後は、グループ毎に洞窟ガイドを紹介されます。その後屋外のロッカー室へ案内されます。ガイドに南京錠とウォーターシューズを渡され、靴や荷物、洋服をロッカーに閉まってグループ全員の準備が終えるのを待ちます。グループのメンバーが準備を整えた後は、まず全員でシャワーを浴びて日焼け止めなどのケミカルを体より洗い流し、ウェットスーツ、ライフベストとライト付きヘルメットを渡されます。(※水中カメラなど電化製品のお持ち込みは禁止です。化粧室がありますが、トイレの個室は狭めで慌ただしい雰囲気です。できれば予め水着を着用してお越しください。)また、任意で杖も借りる事ができます。足場が不安定な洞窟内では後々役立つので持っていく事をお勧めします。ガイドからは喘息や閉所恐怖症でないか確認されます。

ジャングルの道の中を歩き、階段を下ります。洞窟に着いたらヘルメットのライトを点灯させて、1列に並んで進みます。暖かい日でしたが、洞窟内の空気と水は冷えていました。ガイドが先頭に立ち、「頭上に気をつけて」や「足場に大きな岩がある」などのメッセージを後ろの人に伝えながら進みます。メッセージを伝えられたメンバーは更に後方にいるグループメンバーへメッセージを伝えるという伝言ゲームのような方法でお互いに注意を促します。急な段差があるところなどは、お互い手を取り合ったりしてメンバー同士支え合います。洞窟内では複数の写真スポットがあります。順番で専門のカメラマンがメンバーを撮影します。写真は洞窟での探検を終えた後に購入可。この日は途中、あまり目にかかる事ができないという「blind catfish」という指の長さくらいの白い魚を見つける事ができました。私が参加したルートでは途中で「The Silence」という部屋に到達し、全員のライトを消して1分間沈黙を楽しみました。真っ暗で何も見えませんが、コウモリの羽がばたつく音が聞こえました。洞窟の中の水はカルシウムが豊富で、白い物質が水の上に浮かんでいたりします。指で頬に触れてその指を水の表面に浸けると、カルシウムが油分に反発して一斉に広がります。ちょっと面白い光景。途中で一部足が地に着かないほど深い水に入ります。

感想:洞窟の中の水は透き通っていて、自然が創り出した石筍や鍾乳石は何にも置き換えられないくらい綺麗な自然の産物でした。但し、足場の高低差が激しかったり、不安定だったり、しゃがんだりと何かと体力を消耗します。洞窟に入った直後はとにかく前進するのに精一杯であまり景色を楽しむ余裕がありませんでしたが、そのうち慣れました。

約90分間の洞窟探索を終えた後は一度ロッカー室に戻って荷物をピックアップし、軽いビュッフェ形式のランチを食べます。ビュッフェのメニューはお肉、フルーツ、ライス、スープなど。写真を購入する場合は、ランチの時間内にお済ませください。私のグループは一時間ほどゆったりと食べてぶらぶらする時間がありました。ガイドに伝えられた時間(この日は午後1時20分)になったら往路と同じバンに乗車し、プラヤ・デル・カルメンまで向かいます。洞窟のガイドとはそこでお別れなので、チップを支払う場合はその際にお渡しください。

プラヤ・デル・カルメンにて

港町では約1 時間半ほどの自由行動時間があります。尚、下記のようなお店がありました。
・スターバックス
・ジュエリーストア
・ブランド店(GAP、NIKEなど)
・ローカルのお土産ストア
・チョコレート専門店 etc.
港町はお店で賑わっており、よほど外れまで行かなければ、外国に慣れていない方でもあまり怖がらずに買い物できるかと思います。マヤやアズテックの文化に関わっているお土産品をあちらこちらで見かけます。他にはカラフルな彩りの日用用品や木製の動物スタチュエットなど。メキシコっぽいお土産になるかも?
お買い物の後は自由行動時間前の解散する前に伝えられた待ち合わせ場所と時間(この日は午後3時10分)に再度集合し、フェリーボートまで向かいます。下船後はそのままディズニー・クルーズラインまで徒歩で向かいツアー終了となりました。

支払い時の注意事項

プラヤ・デル・カルメンのお店ではほぼ全てのお店が米ドルを受け付けます。但し、支払いの際は下記の注意事項があります。
・お店により口頭では○ドルと伝えられても、実際はペソで請求されて、言われた米ドル額と請求金額が異なる場合があります。そのようなサプライズがないよう、出来れば現金で支払いましょう。
・帰国した後に私のクレジットカードが、プラヤ・デル・カルメンのジュエリーストアより不正利用された事が判明しました。海外で使えるインターネットプランが無くその場ですぐにカードの使用履歴を確認できないお客様もいるので、その理由でも現金での支払いを勧めます。
・どうしてもカードでの支払いが必要な場合は、ぼったくりに合わないよう予めその日の為替レートの検討を付けておいた方が良いです。また、レシートはペソではなく米ドルで明記する事ができるか確認しましょう。

(※上記リポートは、2018年9月現在のサービス内容となってりおり予告なく変更になる場合がございます。)


≪ミッキーネットお問い合わせ≫
以下の方法よりお気軽にご連絡ください。
1.お客様登録をして問い合わせ(新規の方)→こちらをクリック
2.コムセンターから問い合わせ→こちらをクリック
3.電話で問い合わせ
・フリーダイヤル 1-888-448-7727 (アメリカ在住の方)
・東京 03-4520-9446
4.予約サイトから申込みをする→こちらをクリック