ミッキーネットスタッフのアンリが、ディズニー・マジックの「5泊バミューダ」の現地リポートを致します。


ディズニー・クルーズライン

1998年、ディズニー・クルーズラインの処女航海から早20年が経ち、ディズニー・クルーズラインは4隻にまで客船が増えました。現在、米国内を中心に出港するクルーズ航路のほか、アラスカコース、地中海コース、大西洋横断コース、パナマ運河コースと世界各地の港からディズニー・クルーズラインが出航をしています。今回ご紹介する現地リポート「バミューダ・コース」は、2018年10月からディズニー・マジックで行く初めての航路となります。寄港地では有名なピンクサンドビーチやバミューダの大自然を楽しめ、ウォーターアクティビティも充実しています。その他にも現地ショッピングや観光名所も豊富で英国とカリブの文化が融合した歴史も満喫できる新航路となっています。

5Nights Bermuda Cruise from New York with Halloween on the High Seas(5泊バミューダ・コース)

前泊ホテル

今回、ディズニー・クルーズラインが出航する港からほど近いニューヨークの「ヒルトン・タイムズスクエア(住所:234 WEST 42ND STREET, NEW YORK, NEW YORK)」にクルーズの前泊として宿泊しました。場所はタイムズスクエアの外れ、現在ブロードウェイ『アラジン』が公演されているニューアムステルダム劇場まではわずか2軒隣と、地下鉄の駅も近く観光に非常に便利なホテルです。特にビューのないお部屋でしたが、タイムズスクエアの街並みや港が見えてニューヨークにきた雰囲気を味わうことができました。ビル群の隙間からは、これから乗船するディズニー・マジックも見えて嬉しかったです。なお、ホテルのWi-Fiは有料です。

ディズニー・クルーズライン オプショナルツアー

The New Amsterdam Behind the Magic Tour※

※ディズニー・クルーズライン乗船前後に行われるオプショナルツアー
料金:大人39ドル、子供(0歳~9歳)29ドル
時間:午後4時~(ツアー時間:約1時間30分)

夕方からニューヨーク発着クルーズの前後の指定日にのみ開催される”ニューアムステルダム劇場”のバッグステージが見学できるオプショナルツアーに参加しました。ツアー開始時間の少し前に、劇場の入り口に立っていたスタッフにこちらのツアーを予約している旨を伝えるとオープン前の劇場内に通してくれます。私たちの参加した回は10名のゲストが参加していました。

ツアーではまず、ニューアムステルダム劇場の歴史や他の劇場とは違う内装デザインにこだわったことなどの話をキャストから聞きます。ニューアムステルダム劇場は、1982年に一度売却されましたが1994年にディズニーが買い取り、その後、1997年から『ライオンキング』や『メリー・ポピンズ』の公演を経て現在は『アラジン』が上演中です。

一通り劇場についての説明を受けた後、実際のステージに上がります。ここでは舞台セットの説明や上演中の俳優さんたちにまつわる裏話を聞きました。裏話は、現在上演中の『アラジン』に関する内容が多く、説明を聞いたあとはブロードウェイの『アラジン』が観たくなりました。

その後、劇場の構造について追加で説明を聞いたのち、いよいよ秘密の小部屋に案内されます。過去のディズニーミュージカルで実際に使用されたプロップス(小道具)がずらりと並べられ、キャストがどのような工夫が凝らされたものなのか、一つ一つ丁寧に説明をしてくれました。『ライオンキング』のマスクは、なんと1つ7000ドルもするそうです!その後は撮影タイム。貴重な小物を間近で見られるだけでなく、触ったり着用もOKでした!

英語のツアーとなりますが、裏話やバッグステージなど大変貴重な経験をさせて頂きました。ディズニー映画やミュージカルが好きなお客様には是非参加して頂きたいツアーです。

FROZEN the Broadway Musical- Orchestra※

※ディズニー・クルーズライン乗船前後に行われるオプショナルツアー
料金:189ドル~

ディズニー・クルーズラインのニューヨーク発着航路限定で乗船前後にブロードウェイミュージカルを予約することもできます。今回私たちは「FROZEN(アナと雪の女王)」のミュージカルを選択しました。今年公開されたばかりのミュージカルなだけあって、劇場はほぼ満席でした。夜の公演でしたが、プリンセスの恰好をした小さなお子様連れのゲストも多く見かけました。公演中はアナやエルサを呼ぶお子様たちの声が聞こえてくることも。ショーは映画「アナと雪の女王」をベースに、ミュージカルにオリジナルのシーンや曲目が追加されています。ご家族みなさんで本場ブロードウェイのミュージカルを楽しめる内容となっていました。

乗船日の港

滞在したヒルトン・タイムズスクエアホテルからディズニー・マジックの乗船するマンハッタン港「Pier88」までタクシーで15分程の距離にあり、港に近づくにつれて遠くにディズニー・マジックの特徴的な赤いファネルが見えてきます。マジック号は港の中でもかなり目を引いていたので、迷うことはないと思います。また入り口にはディズニー・クルーズの案内板があるほか、ディズニー・クルーズラインの制服を着て案内をしているキャストもいるので安心でした。

港では、まずセキュリティチェックを受け、その後チェックインの手続きとなります。事前にディズニー・クルーズ社のウェブサイトからオンラインチェックインを済ませておくと港での手続きがスムーズに進みます。チェックイン手続きが完了すると乗船する順番が記載された「整理券」と船内情報やアクティビティ情報等のスケジュールが記載された「パーソナル・ナビゲーター」を受け取り、自分の番号が呼ばれるのを待ちます。待っている間にはディズニーキャラクターが港に遊びにきてくれるサプライズも!

クルーズ船内のイベント情報や施設情報

ハロウィーン

今回乗船した航路は”Halloween on the High Seas”として、クルーズ全体を通してハロウィーンのイベントが開催されていました。目玉のMickey’s Mousequarade Party ではアトリウムでハロウィーンコスチュームを着たキャラクターたちとのダンスやトリック・オア・トリートに参加できます。イベントの前後ではハロウィーンコスチュームを着たキャラクターとのグリーティングも楽しめます。その他にも、船内でさまざまハロウィーン・イベントが行われていました。

—The Nightmare Before Christmas Sing & Scream—
映画「ナイトメア・ビフォアクリスマス」の3D上映。映画の後にジャックとサリーが遊びにきてくれます。

—Halloween Isn’t Just for Kids—
夜遅くに開催される大人のゲスト専用の仮装コンテスト。Most Spooky(もっとも不気味で) 、Most Unique(もっともユニークな)などのテーマごとに競います。趣向を凝らした仮装を見ているだけで楽しいですが、是非衣装を用意して参加してみてください。

ラプンツェルのロイヤルテーブル

今年新たにリニューアルオープンしたレストランは、ラプンツェルがテーマのローテーションダイニングのレストランです。レストランの内装はラプンツェルの描いた作品があふれていました。レストランの周りにも映画ラプンツェルのシーンの絵画やフリンライダーの逮捕状などが飾られ映画の雰囲気を楽しめます。7泊以上の航路の場合、ショーは2種類開催されますが、6泊以下の航路では1回のみ、2つのショーを組み合わせた内容となっています。

レストランの営業開始となると、映画の酒場スナグリーダックリングスで登場した荒くれ者たちが登場し、終始席を周りゲストと触れ合っていました。レストラン前方に設置されたステージではディズニー音楽の生演奏。ラプンツェル、フリンライダーも登場するとステージで歌ったり、ショーの合間で客席まできてくれます。ラプンツェルの長い髪のパスタ、ゴーテルのダークチョコケーキなど映画をイメージしたメニューも多数用意されていました。

寄港地バミューダでのアクティビティ

バミューダは北大西洋にある諸島でイギリス領の海外領土です。ニューヨークとの時差は1時間。時差の生じる日は前日のパーソナル・ナビゲーターでアナウンスされるほか、ステートルームのアラームをルームホストがターンダウンの際に調整してくれました。ウェーブフォンも自動的に正しい時間に修正されます。

名所:ピンクの砂浜のビーチ、古都セントジョージ(ユネスコ世界遺産の街)。マリンスポーツもさかん
共通語:英語、ポルトガル語
通貨:バミューダドル ※1USドル=1バミューダドルとして使用できました

港はきれいに整備され、バスやフェリーの時刻表、島の地図が掲示されているほか係員待機し随時クルーズ客に道案内していました。公共交通機関がしっかりしているので比較的観光しやすいです。港では島の公共交通機関共通のフリーパスも購入可能です。5泊のバミューダ航路では2日間、6泊の航路では3日間寄港。停泊している間は自由に船から降りて観光できます。通常のクルーズでは午前に下船開始・夕方には乗船となる寄港地がほとんどなので、ゆっくり寄港地の観光を楽しむことができます。

クリスタルケイブ(個人観光)

移動内容:フェリー →ハミルトン →バスでクリスタルケイブ
料金:フェリーバス1日乗車券+クリスタルケイブツアー参加料:22ドル

今回、個人観光でフェリーとバスを乗り継いで『クリスタルケイブ』の洞窟観光に行きました。クリスタルケイブは昔、クリケットをしていた少年たちが落としたボールを探して偶然見つけた洞窟です。今でも当時、少年たちがボールを落とした穴が残っています。洞窟内ではツアーに参加しての観光となります。ガイドさんの指示に従い狭い石段を降り、洞窟内に入ります。足元が滑りやすいので歩きやすい靴での参加がお勧めです。洞窟内はライトアップされ、透き通った海水と白い結晶が幻想的でした。私たちはクリスタルケイブのみ参加しましたが、隣接するファンタジーケイブも見学できます。なお、個人観光はクルーズの出港時間までに戻らないと船は出港してしまいますので、十分お気を付けください。

※ディズニー・クルーズラインからはオプショナルツアー Crystal Caves and Pink Flamingos
大人134ドル 子供(3歳~9歳)109ドル 幼児(0歳~2歳)64ドル が用意されています

ホースシュー・ベイ・ビーチ

バミューダではビーチアクティビティも人気です。中でもホースシュー・ベイ・ビーチはサンゴ礁の混じったピンク色の砂浜で有名。淡いピンクの砂浜と透明度の高いクリアな海水が美しいビーチです。港からは車で30分程度の距離となっており、ディズニー・クルーズラインからビーチへの往復送迎ツアーが用意されています。ホースシュー・ベイ・ビーチは公共のビーチですが、お手洗いやシャワー、軽食を取り扱うバーなどは完備されてます。またパラソルやビーチチェアは有料でレンタル可能なほか、サーフボードのレンタルやサーフィンのレッスンにも参加できます。訪れた際は10月上旬でしたが、波打ち際で水遊びをしたり、ビーチチェアに寝そべったり、皆さん思い思いの過ごし方で楽しんでいました。

※ディズニー・クルーズライン送迎のみのオプショナルツアー: Horseshoe Bay Beach Transfer
大人(10歳以上)29ドル、子供(3歳〜9歳)29ドル、幼児(0歳〜2歳)0ドル

寄港地オプショナルツアー

Bermuda Triangle Evening Cruise

料金:59ドル(12歳以上、ドリンク付)
時間:午後7時45分〜 又は 午後9時45分〜
所要時間:1.5時間〜2時間
※12歳~のみ参加可能

バミューダといえばバミューダ・トライアングル!昔、この地域で多くの飛行機や船が行方不明になった伝説は有名ですよね。そこで今回はオプショナルツアーで夜の『バミューダ・トライアングルクルーズ』に参加しました。大変人気のツアーで約30名のゲストが参加していました。

まず船内のプレリュードに集合、クルーの誘導で下船します。港の近くから地元のツアー会社の運行するグラスボトムボートに乗り込み夜のバミューダ海域探検へ出ます。夜の海は真っ暗で少し怖い雰囲気。海上からみるディズニー・マジックがライトアップされ綺麗でした。ボートに乗船中バミューダの歴史や海の生態系などのレクチャーを聞きながら夜の海底と難破船を見学します。約1時間30分ほどのクルーズを楽しみ港に戻りました。夜遅くのツアーに参加できるのは2日以上同じ寄港地に停泊するオーバーナイトクルーズならでは。ちょっと珍しい体験をしてみたいお客様にお勧めです。

追伸

下船日、マンハッタン港には夜明けに到着します。自由の女神像を通過する瞬間を見たくて頑張って早起きしてデッキに出ました。同じくクルーズからマンハッタン港に入港する様子を見届けようと集まっているゲストをちらほら見かけました。海上から見るマンハッタンの街も素敵でした。

下船日の朝食は、ローテーションダイニングのレストランで指定された時刻でのお食事となります。前日の夜にレストランのサーバーからアナウンスがありますのでレストラン名・時間を確認しましょう。お急ぎの場合や指定以外の時間でお召し上がりになりたい場合はカバナのビュッフェがお勧めです。

(※上記リポートは、2018年10月4日現在のサービス内容となってりおり予告なく変更になる場合がありますのでご了承ください。)


≪ミッキーネットお問い合わせ≫
以下の方法よりお気軽にご連絡ください。
1.お客様登録をして問い合わせ(新規の方)→こちらをクリック
2.コムセンターから問い合わせ→こちらをクリック
3.電話で問い合わせ
・フリーダイヤル 1-888-448-7727 (アメリカ在住の方)
・東京 03-4520-9446
4.予約サイトから申込みをする→こちらをクリック